JR茨木駅・阪急茨木市駅/一般歯科・根管治療・歯周病・インプラント・義歯

2017

9/04

メインテナンスの重要性について


 

長かった歯科治療もやっと終わり一段落するとこれで終了、もう行かなくていいと思われる方も多いでしょう。

以前は歯が痛い、歯ぐきが腫れた、詰め物が取れたなど何かあった時に受診して、そこが解決すると終わり。

何かあればまた来てくださいと言われることが普通だったからです。

その後は早期発見早期治療と言われ始めました。何も症状が無くても定期的に来ていただき患者さんも気づいてい

ないような小さな虫歯をこちらで見つけて大きくなる前に治療しましょうというものです。

全身を定期的に検査する人間ドッグと同じような考え方です。

しかし最近では虫歯や歯周病になるのを予防するために定期的に来ていただくことが主流となっています。

虫歯も歯周病も細菌が原因で発症することが分かっていますのでそれらの菌が悪さをしないように見張っていく

といったものです。基本的にはフッ素塗布、歯周ポケットの検査や歯ぐきからの出血や磨き残しの確認、

プラークや歯石の除去、必要があればレントゲン撮影など行います。

残念ながら虫歯菌や歯周病菌を薬などで除菌、殺菌することは出来ません。

ご自身での歯磨きはもちろんですが食生活に注意したりしっかりと睡眠をとることも重要となります。歯科医院と

患者さん双方で力を合わせて協力していくことで予防力も高まっていきます。