JR茨木駅・阪急茨木市駅/一般歯科・根管治療・歯周病・インプラント・義歯

2017

7/04

知覚過敏について


 

冷たいものを飲んだり食べたりすると歯がしみる。歯磨きをしているとピリッとする。風が当たるだけでしみる。

その様な症状がある方は非常に多く、日常生活に支障をきたすこともあります。

痛みの原因が虫歯の場合もありますが今回は知覚過敏についてお話します。

知覚過敏とは歯周病や歯ぎしり、くいしばり、強い力でゴシゴシと歯を磨くなどの習慣により

歯ぐきがやせて退縮したりエナメル質が欠けてしまったり(くさび状欠損といいます)して象牙質がむき出しの

状態になることによって起こります。

治療法としては知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクトなど)を使ってもらい様子を見ます。やわらかい歯ブラシに

変えたりすることもあります。院内ではしみ止めの塗り薬をぬります。注意していただきたいのは歯磨き粉も

しみ止めの塗り薬も一回で効果がないことがほとんどです。何度か継続して使用することが大切です。

くさび状欠損が大きい場合はレジンを詰めて様子を見ます。

気になる方ご相談ください。