JR茨木駅・阪急茨木市駅/一般歯科・根管治療・歯周病・インプラント・義歯

定期検診

80歳まで20本の歯を残そう!

平成元年に、厚生労働省と 日本歯科医師会が提唱した8020運動は、「80歳までに20本の歯を残そう」という運動で、自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけてきました。

人は、親知らずを除く28本の歯のうち、 少なくとも20本以上自分の歯があれば、 ほとんどの食物を噛みくだくことができ、 おいしく食べられます。
だからこそ、20本の歯を残すことが大切なのです。

これらの活動もあって、現在の私たち日本人の残存歯の割合は、年々高まっています。

(※1:記事参照・引用 8020推進財団

20本の歯を有する人の割合グラフ
20本の歯を有する人の割合グラフ
1人平均現存歯数グラフ
1人平均現存歯数グラフ

80歳までに20本の歯を残すには

80歳までに20本の歯を残すにはそれでは、80歳までに20本の歯を残すために必要な事はなんでしょうか?
毎日、歯磨きをすればいいのでしょうか?

日常の歯磨きだけでは、いくら丁寧に行っても歯垢はなかなか落とせません。
食後の残渣物をとるために歯磨きは行いますが、歯と歯肉の間にたまった歯垢や歯石は歯科医院などでのクリーニングでないととることができません。
ですから、歯の健康を保つためには、歯科医院で定期的な歯の検診が必要なのです。

当院では、3ヶ月〜6ヶ月に一度は、お口の中をみせていただき、歯肉や虫歯の有無をチェックしています。
80歳までに20本の歯を残すための定期検診を受けましょう。

口腔がん検診

年間7,000人以上の方が、「口腔がん(口の中にできる癌)」に罹患され、その数は今後も増えると予想されています。治りにくい口内炎と勘違いして長期に放置したりすると、舌や顎の骨の一部を切除しなければならなくなったり、最悪の場合は死にいたる怖い病気です。

口腔がんは、早期発見、早期治療が大事です。
内科や総合病院にいかずとも、歯科医院でも口腔がんの検診が可能です。
もし、口腔がんが疑われる場合は、口腔粘膜を小さなブラシでこすり取るだけの簡単な細胞診という検査も可能です。
ご自身の口腔がん予防・早期発見に役立ててください。